いまに在ること

どうもです。

過去記事を読んでみたら、あまりにも自虐ネタが多いことに戸惑いを隠せないでいる、合点承知之助です。

そういえば、あの一世を風靡した「ヒロシです・・・」のヒロシさん、いったいどうしているんでしょうか?

一度見たら忘れない強烈キャラ、「ドドスコスコスコ ラブ注入!」の楽しんごは、果たして生き残れるのか?

沖縄が生んだ絶好調のお笑いコンビ、スリムクラブはどうか?


・・・( ̄_ ̄; )


まいっか、そんなことは。



ここ数日、何をブログに書こうかと思案しているんですけどね、いまいち調子が出ませんの。

二通りの記事を書き始めてはみたものの、いまひとつピンと来ないのでボツにしました。

「いまに在る」シリーズ、ここにきてスランプ?(笑)

まぁ、こんな時もありまさ~ね。

なんたって、まだまだ「いまに在ない状態」が優勢な生活を送ってますから。


では、なぜ「いまに在る」ことにこだわるのか?

それはいたって単純明快。

「心の奥底から安心していたいから」、です。

ただそれだけ。


それを突き詰めると、「結局私たちは何者なの?」「本当の自分ってなに?」とも言えるかもしれません。

要は「真実」が知りたいのです。

「生きている意味」、というかね。

そこんとこを、毎度おなじみ、トーリーさんの言葉を引用すると、

「わたしたちは、究極的には苦痛にとって代わられる、つかの間の快楽だけが与えられた、見知らぬ宇宙に置き去りにされた、意味もないかけらではない」

と表現しています。

あ~、なんだかジ~ンと心に響きますね。

⊂( TT __ TT )⊃ウルウル

で、ですね。

そのことに気づくことができる、唯一の媒体が「いまに在ること」、なんですね。

もういいじゃん、歯を食いしばって、もがき苦しまなくったって。

もうそろそろ、肩の荷をおろそうよ。

だれも、困りはしないよ。

なにか、根本的に大きな勘違いの中で生きて来たんだよ。

そんなことを、トーリーさんは伝えたいのだと思います。



もちろん、そうじゃないと思う人は、それでもいいわけです。

選択の自由は、自分自身にあるわけですから。



f0308134_23253068.jpg




だからね、「いまに在ること」の大切さを胸に刻んで行こうと、こう思っている次第です、ハイ。
[PR]
by imacoconut | 2011-02-20 16:06 | 本当の自分探し


沖縄の自然を写真でお届けします。


by imacoconut

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

ブログパーツ

Fotolia
写真素材のピクスタ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

カメラ
沖縄諸島

検索

その他のジャンル

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31