心の位置

どうも、ご無沙汰しています。

いったい、何が起きているのでしょうか?

私から見ている現象世界にしても、心象世界にしても、いろんな事がありすぎて、とても混乱しています。

ここ1ヶ月くらい、仕事による忙しさやストレスを消化できずにいて、ちょっと塞ぎ込んでいました。

それが、先週あたりからどんどん増幅し始め、10日には遂に、その息苦しさや集中力の欠如が限界を超えてしまい、「あ~、もうだめだ~!限界だ~!」と早退してしまいました。

それでも翌日、何とか老体に鞭打って(笑)仕事をしていましたら、震災のニュースが飛び込んできました。

夜になってから、ようやく子供たちや家族、知り合いの無事がわかり、とりあえずホッとしました。

みんなそれぞれ、いまだかつてないような、恐ろしい体験だったようです。

何ともやるせないネガティブな感情だけが残りました。

矢継ぎ早に起きてくる、いろいろな出来事。


「いったい、何が起きているのか?」


それからというもの、この思いだけが、グルグルと心の中を駆け巡りました。

不快な感情だけが、自分を取り巻いている感覚。

「起きることが起きているだけ」

「あるがままを受け入れる」

「現実世界は自分の意識の投影にすぎない」

精神世界のことは、いろいろと知識として持っているはずなのに、それらがただの言葉としてでしか捉えることが出来ない。

いろいろと自分に言い聞かせてみるが、まるで吸収しない、できない。

心が凝り固まっていて、重たい。

闇の世界に取り込まれ、身動きが取れない、やる気が起きない。

心の位置によって、同じ景色でもまるで違った世界に見えてしまう。

きっと、この感覚が重症化、長期化したものを「うつ病」と呼ぶんだろうと、そのとき感じました。


それでも、今回のことで気付けたことがあります。

これも体験したかったことのひとつかもしれない・・・、ということ。

これと似た感覚は、以前にも何度か味わったことがあります。

ただ、その時は社会的常識や体系化された精神医療の知識という限定された中での体験でした。

それは、自我からの視点しか持ち合わせていなかったし、対応のしようがなかったということです。

今は、別の角度からの視点があることを知っているし、瞑想もおこなっています。

今度のことによって学べることがきっとあるでしょうし、それを今後に生かせていけるようにできればと思っています。


ネガティブ性の中でもがいている時って、書きたい、伝えたいという気持ちも失せてしまいます。

発想が湧かないからです。

こうして、またブログを書いているということは、心の中に多少のスペースが生まれたからかもしれません。

私の場合、更新が滞るから分かりやすいね(笑)


そして今、つくづく感じること。

気持ちが沈んでいる時、重たくて動けなでいる時。

何も言わなくてもいいから、そっとそばで寄り添ってくれる人がいたらいいなぁ~

な~んてね、正直そう思いました。

理屈じゃないですもんね、そういうことは。




f0308134_23253133.jpg





ちょっと、加工して遊んでみました (^.^)b
[PR]
by imacoconut | 2011-03-20 14:05 | 本当の自分探し


沖縄の自然を写真でお届けします。


by imacoconut

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

ブログパーツ

Fotolia
写真素材のピクスタ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

カメラ
沖縄諸島

検索

その他のジャンル

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31