故郷で思ったこと

どうも、無事戻ってまいりました。

お世話になった方々、本当にありがとうございました。

2年ぶりの故郷は・・・

なんて言ったらいいのか、その・・・

思いのほか暑かったです(笑)

北関東ですからね。

しかも、中秋の名月ですから。

もうちょっと・・・、その・・・、秋らしさを期待していたのですけど・・・

マジで、30度越えの真夏日ばかりでして・・・

もしかしたら沖縄の方が涼しかったのかもと、そんな気さえします。

なんでも、私が帰省する前は涼しくなりかけていたとか?

どんだけ「高気圧おじさん」なんでしょ、私ってば・・・

でも・・・、沖縄に帰ってきたら台風なんですのよ、(* ̄Oノ ̄*)ホーッホッホ!!


しかし、なんですね。

久しぶりに「大都会東京」を体験してみたのですが・・・

なんでしょう、あの高層ビル群や人の波、車や電車の数、テンポや空気感、人種までも違う感じ。

あまりの違和感にカルチャーショック状態で、しばらく唖然としてしまいました。

電車の切符の買い方ひとつわからない状態で、しばらく人が買っている様子を観察したりして・・・

道を歩く時は、人の流れに揉まれながら、上ばかりみてキョロキョロ、キョロキョロ。

まるで異次元に迷い込んでしまったかのようでした(笑)

以前は学生時代や仕事でも通っていたことがあるのですが、すっかりと田舎暮らしが見に付いてしまったようです。



そして、私の故郷は東京から電車で1時間半ほどの距離のあります。

そこには、懐かしい景色が以前と変わらずにありました。

見慣れた田園風景は、稲が実を付けて金色に変わろうとしていました。

家族や友人たちも、笑顔で歓迎してくれました。

たくさんの話もできました。

それぞれにいろいろな話をした中で、やはり出てくる言葉があります。

「いつまで沖縄にいるの?」

「何で沖縄にこだわるの?」

2年前の里帰りと同様、曖昧な返事をして帰って来てしまったのだけど・・・

数日間ではあったけれど家族と過ごしてみて、気持ちが揺れているのも確かで・・・


独り暮らしじゃないという生活は、確かに制約があるのです。

特に瞑想は、自分の思うように出来なかったですしね。

でも、独りじゃないからこそ気付けること、これがた~くさんあることも確かなんですよ。

日常生活でのかかわりだからこそ気付けること、独りでは気付けないであろう違う自分を発見することがね。

どのような体験を選択するにしても、一度に二つの体験はできないですからね。


でもさ、沖縄でも、東京でも、あるいは故郷にいるにしても・・・

まったく見ている風景や感じていることは違うのだけど・・・

その奥にある自分という存在は変わりなく同じにいるって、そんな感覚があることも事実ですね。





f0308134_23254032.jpg





はたして、私のダルマはどの方向に流れていくのか・・・な?
[PR]
by imacoconut | 2011-09-16 21:03 | 本当の自分探し


沖縄の自然を写真でお届けします。


by imacoconut

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

ブログパーツ

Fotolia
写真素材のピクスタ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

カメラ
沖縄諸島

検索

その他のジャンル

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31